セコムの安全・安心グローリオマンション

セコムスタンダード IDENTITY

住宅性能評価制度について

国土交通大臣指定の第三者機関が、住宅の性能を共通ルールによって客観的かつ公正中立に評価を行う住宅選びの基準。
それは何よりも優れた品質の証。

住宅性能表示の9項目
1 構造の安定 地震や台風、積雪などの大きな力が加わった時に対する建物の耐久度について評価したものです。 等級1〜3 6 空気環境 ホルムアルデヒドの放散量について建材選定と、室内の換気や対応策方法を評価したものです。 等級1〜4
2 火災時の安全 火災が発生した場合の建物の耐火性能や火災感知設備、避難のしやすさなどを評価したものです。 等級1〜4 7 光・視環境 日光を採り入れる為の窓の大きさや、窓の方角を表記したものです。 %で表示
3 劣化の軽減 コンクリートの収縮やひび割れ、鉄筋のさびなどの劣化を防ぎ、建物をいかに長持ちさせるかを評価したものです。 等級1〜3 8 音環境 外からの騒音や、住居間の生活音の伝わりにくさを評価したももです。 等級1〜4
4 維持管理への配慮 鉄筋のさびを軽減させるための対策として、コンクリートの厚さや強度の確保、保護等を評価したものです。 等級1〜3 9 高齢者等への配慮 高齢者や介助を必要とする人々の移動のしやすさ、バリアフリー化の程度を評価したものです。 等級1〜5
5 温熱環境 断熱効果などによる冷暖房の省エネルギー対策についての建材選定を評価したものです。 等級1〜4 10 防犯 開口部の浸入防止、対策を評価したものです。