住まいのコラム

トップページ > 住まいのコラム > 【vol:4】セキュリティのプロ、熱く語る!

Vol:4

セキュリティのプロ、熱く語る!

「女性が最も被害にあいやすい犯罪」とは?
はたして、スミカとアンは正解することが出来るのか…。

  • 登場人物紹介
    • 佐賀スミカ

      外資系に勤務するアラフォーOL。最近、周囲の女性がマンションを購入し、分譲マンションが気になり始める。

      家森マモル

      「住まいの情報館」館長。
      住まいを探す全ての人の安全・安心の相談パートナーを目指す。

      倉下アン

      転職したてのアラサー社員。不動産業界は初めてで、知識はまだまだだが、情熱は誰よりも熱い。

倉下アン
え~~、佐賀さまって野球が好きなんですね。
なんか意外ですね。
佐賀スミカ
そうかな?アンちゃんは、何が好き?
倉下アン
だんぜん、プロレスですね!すっごく、熱くなっちゃうんです。
家森マモル
コ、コホン。
お待たせいたしました。
あの、答えは考えていただけたでしょうか。
佐賀スミカ
分からないので、別の話で盛り上がっていました。
倉下アン
すみません。佐賀さまのお話が面白くて、つい。
家森マモル

(笑)。
それでは、このグラフを見てください。
女性の犯罪被害はほとんどが窃盗になっています。

佐賀スミカ
ホントだ。こんなに圧倒的に多いんですね。
倉下アン
こういうのを見ると怖くなりますね。
家森マモル
そうですね。もう、日本は治安がいい国とは言えなくなってきているのかもしれませんね。
残念なことですが。
だからこそ、マンションを選ぶときはセキュリティのこともしっかり考えないといけません。
佐賀スミカ
確かに。
倉下アン
でも、マンション内のセキュリティはパンフレットに載っていますけど、その場所自体が安全かどうかってなかなか分からないですよね。
家森マモル
いいことを言いましたね。
そうです。その場所が安全かどうかは、なかなか分からないのが現実です。けれども、一番警戒すべき被害が窃盗だとすれば、対処方法はあります。
佐賀スミカ
どこに気を付けるといいのかな。
家森マモル
まず、路上での窃盗ということは、いわゆる「ひったくり」です。
佐賀スミカ
そっか、道が明るいほうがいいんだ。
家森マモル

そうですね。
やはり、駅から自宅までのアプローチが安全かどうかが一番重要です。
暗い夜道はできるだけ避けたほうがいいですね。人通りが極端に少なかったり、犯罪者が身を潜められるような物陰もなるべく少ない方が安全です。

佐賀スミカ
駅近の方が安全ということ?
家森マモル
歩行中に人の目がある分、安全と言えるかもしれません。
けれども、マンションへの侵入犯は駅から近い物件を好むという調査もあります。
駅近の場合は、マンションそのもののセキュリティを気にする必要があります。
倉下アン
マンション内のセキュリティはやっぱり、賃貸マンションよりも分譲の方が進んでいるんですよ。
家森マモル
最近は、賃貸マンションでもオートロックはもちろん、防犯カメラや宅配ロッカーなどがある物件も増えてきていますね。けれども、全体的にはやはり分譲マンションの方が安全性は高いと思います。
佐賀スミカ
狙われやすい階ってあるのかな?
高層階の方が安心な気がするけど。
家森マモル
実は、高層階だから安心ということはありません。
窃盗目的の侵入犯の立場からすると「高層階に住む=お金を持っている」という考えになるようで、意外と最上階住戸は盗難被害にあいやすいのです。
佐賀スミカ
セキュリティって奥が深そうですね。
家森マモル
そうですね。
やっぱり、安全は暮らしの基本ですから、どれだけ考えても、考えすぎということはないと思います。
SECOMのホームページに女性向けの防犯のページがあるので、こちらも参考にしてみてください。

女性のためのあんしんライフnavi

佐賀スミカ
へ~~~~、面白そう。
倉下アン
結構詳しい情報が載っているので私もよくチェックしています。
それと、お時間、大丈夫ですか?お友だちと待ち合わせされているんですよね?
佐賀スミカ
あ、ほんとだ。そろそろ行かないと。
他にももっといろいろ聞きたいことがあるんだけどなあ。
家森マモル
是非、今度はセミナーに参加してみてください。
住まいの情報館のホームページにセミナーの予定がございます。
そこからも予約いただけます。

セミナー情報はこちら

佐賀スミカ
そうなんだ、後でじっくりチェックしてみよ!
今日はありがとうございました。
家森マモル
こちらこそ、ありがとうございます。
倉下アン
ぜひ、また来てください。
家森マモル
楽しみにお待ちしています!

関連おすすめセミナー

急に気になり始めた分譲マンション。
しかし、地に足をつけ、じっくりと知識を身に着けながら考えようと決意を固めたスミカ。
次回は、どんな情報を手に入れるのか。

PAGE
TOP