Episode 社員対談
若手社員
横山 健太朗 開発一部
私立大学 地域環境科学部 造園科学科 卒業。2014年入社。東京都出身。
  • 入社当初は営業でしたが、開発へ異動して約2年が経ちました。
    チームでの仕入れ物件をいくつか担当することによって、実務はかなり身についたと思います。
    最初は、何をするべきか全くわからなかったので、チームの足手まといだったと思いますが、今ではどういう部分に注意すべきかということがかなりわかってきました。
    不動産の売買は、取引条件が複雑でかつ金額が大きいだけに、今でも緊張しますが、やればやるほど、奥が深いことがわかってくるので、逆に面白いです。

    マンション用地の仕入は情報収集がとても大事です。
    わたしが窓口となっている仲介会社だけでも100社以上あるので、その全てとマメに連絡を取ることはなかなか出来ませんが、小さなことで信頼関係を築き上げながら、出来るだけ多くの会社の方と、人間関係を深めていきたいと思っています。
    根気強く訪問していれば、意外にウェットな部分が残っている業種なので、「この情報は君に買ってもらいたいから、一番先に出すよ」と言ってくれたりするので、そんなときは意気に感じます。
  • 自分の検討物件だと、仕入れたいという気持ちが先行し過ぎて、すぐに熱くなってしまうので、冷静になるためにも上司へ頻繁に相談して助言をもらうようにしています。
    異動当初は自分と上司の考えに大きな隔たりがあったのですが、最近では少しずつですが、その差が小さくなってきたと感じます。
    個人に対するノルマはありませんが、目標値はあります。
    会社からプレッシャーを掛けられている訳ではありませんが、自分の中で適度にプレッシャーを感じるようにしています。

    マンション業界は、長年、ファミリー向けが圧倒的な主力商品でした。
    今は、全国的にも単身世帯が一番多く、ファミリー向けが手掛けづらい状況にあります。
    どの会社の開発担当者も仕入れに苦労しているので、当社が仕入れた物件の具体的な話は、興味をもって聞いてもらえます。
    そんな今だからこそ、売れるファミリー向けの用地を仕入れることができたら、私の名刺代わりにもなるので、密かに大物を狙っています。
宅建取得には苦労しましたが、恥ずかしながら3回目の受験でなんとか取得することができました。
正しい知識をもつと、見える世界が広がります。
今までなんとなく触れてきたことにも、実は法的に重要な意味があったりすることを知りました。
次は、賃貸不動産経営管理士とFP技能士2級を目指しています。
当サイトに掲載している写真・画像・図面・データ等については、目的の如何に関わらず、無断転載を固くお断りいたします。これらの著作権は、セコムホームライフ株式会社または関係当事者に帰属します。
© SECOM HOMELIFE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.