【2022年最新】ザオプションの口座開設方法を徹底解説!取引方法から出金方法まで併せて紹介

ザオプション口座開設

ザオプションに興味があり「口座開設に必要なものや口座開設方法について教えてほしい」「口座開設の注意点が知りたい」など疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。
ザオプションの口座開設方法は簡単なため、バイナリーオプションが初めての方でも安心です。事前に口座開設方法や注意点を知っておけば、スムーズに進められるでしょう。

ここでは、ザオプションの口座開設に必要なものや口座開設方法、注意点などについて解説します。ザオプションに興味がある方は、ぜひご覧ください。

ザオプションの口座開設をまとめると
  • ザオプションで用意する書類は全部で三種類!詳しい書類はこちら
  • ザオプションの口座開設は簡単5STEPで終わる
  • ザオプションの口座を開設するだけで7000円が貰える
  • 口座開設の所要時間は2-3分!

ザオプションで口座開設する前に用意するもの

ザオプションで口座開設する前に用意するもの

ザオプションで口座開設する場合は、次の3つを用意しておきましょう。

ザオプションで口座開設する前に用意するもの
  • 運転免許証などの写真付き身分証明書
  • 住民票などの現住所確認書類
  • クレジットカード

これら3つをあらかじめ用意しておくと、口座開設をスムーズに進められます。なかには、手元に揃えるのに時間がかかる書類もありますので、できるだけ早いタイミングで用意しておくことが大切です。

以下では、ザオプションで口座開設する前に用意するものについて見ていきましょう。

①運転免許証などの写真付き身分証

ザオプションの口座開設には、運転免許証などの写真付き身分証明書が必要です。写真付き身分証明書として使える書類には、次のようなものがあります。

口座開設に必要な写真付き身分証明書
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード

上記の中から1点用意します。
ザオプション以外のバイナリーオプションやFXで口座開設をする場合も写真付き身分証明書は必要です。

運転免許証やパスポートなどの写真付き身分証明書を提出する前に、有効期限内かどうか確認するようにしてください。有効期限切れで更新をするときは時間がかかる場合があります。ザオプションの口座開設を考えている場合は、早めに写真付き身分証明書の有効期限確認や更新をしておきましょう。

なお、住民基本台帳カードの発行は2015年12月で終了しています。

②住民票などの現住所確認書類

ザオプションの口座開設をする時は、住民票などの現住所確認書類も必要です。現住所確認書類は、氏名や現住所が明記されている必要があります。

ザオプションの口座開設に必要な現住所確認書類には、次のようなものがあります。

口座開設に必要な現住所確認書類
  • 公共料金明細書
  • 携帯電話・カード会社等の請求書
  • 住民票
  • 健康保険証

これらの書類は発行から6ヶ月以内のものが対象です。そのため、上記の書類が手元にある場合でも、発行から7ヶ月以上経っているものは口座開設の提出には使えません。

住民票は手元に揃えるのに時間がかかる場合があります。健康保険証や公共料金明細書、携帯電話・クレジットカード会社の請求書であれば手元にある方も多いことでしょう。手元にある書類を利用すれば、スピーディーに口座開設手続きが可能です。

③クレジットカード

ザオプションの取引でクレジットカード入金を利用予定の方は、カード表面画像の提出が必要です。ザオプションが対応するクレジットカードの国際ブランドは、次のとおりです。

ザオプションで対応するクレジットカードブランド
  • Visa
  • JCB
  • MasterCard

上記以外のブランド(American Express、Diners Clubなど)のクレジットカードは対象外となりますので注意してください。

犯罪防止のため、クレジットカード画像を提出する時はカード番号の前から12桁の数字を隠します。クレジットカードは本人名義のものだけが対象となりますので、家族名義のクレジットカードは利用できません。

なお、ザオプションのbitwallet入金では、Visa、JCB、MasterCardの他に、American ExpressやDiners Club、Discoverのクレジットカードも利用できます。

ザオプションの口座開設方法

ザオプションの口座開設方法

ザオプションの口座開設手続きは、次の手順で進めます。

口座開設手続きの手順
  1. ザオプションの公式サイトにアクセス
  2. 個人情報の入力
  3. 決済承認契約書に署名
  4. 身分証・現住所確認書類のアップロード
  5. 届いたメールから取引画面にログイン

あらかじめ上記の手順を知っておくことで、口座開設が初めての方でもスムーズに手続きを進められます。ここでは、ザオプションの口座開設方法について見ていきましょう。

STEP1
ザオプションの公式サイトにアクセス

まずは、ザオプションの公式サイトにアクセスしましょう。

ザオプション公式サイトの口座開設ボタンをクリック

Yahoo!JAPANやGoogleで「ザオプション」と検索すれば、ザオプションの公式サイトが1番上に表示されます。

ザオプションに関するさまざまなサイトが表示されますが、口座開設をするのであれば公式サイトへのアクセスがおすすめです。公式サイトのURLは「https://jp.theoption.com/ja-jp」です。怪しいサイトや偽サイトには注意してください。

ザオプションの公式サイトにアクセスをしたら、画面上部のメニューから「口座開設」を選択します。

STEP2
個人情報の入力

ザオプションのサイトで「口座開設」を選択すると、個人情報・口座情報の入力画面が表示されます。

個人情報入力内容

名前は、漢字・ひらがなのどちらでも登録できます。メールアドレスはフリーメールアドレスの登録が可能です。

携帯のメールアドレスを登録したくない方は、GmailやYahoo!メール、Outlookメールなどのフリーメールアカウントを作成して登録すると良いでしょう。

パスワードは半角英数で8文字以上です。基本通貨は「JPY(日本円)」に設定をします。

不正確な情報を入力すると、口座開設ができなくなります。メールアドレスやパスワード、電話番号など、間違いがないように入力してください。上記項目の入力が完了したら「次へ」を選択します。

STEP3
決済承認契約書に署名

個人情報・口座情報の入力が完了すると「決済承認契約書への署名」画面が表示されます。

決済承認契約書に署名

決済承認契約書とは、ザオプションの口座利用上の安全性確保、運営会社との決済における契約を目的とした契約書です。

契約書に署名して提出することで、「満18歳以上であること」や「ザオプションの利用規約を理解していること」、「登録情報の虚偽や決済支払い拒否をした場合は口座凍結になること」などの利用規約を承認したことになります。

そのため、決済承認契約書に記載されている内容及び利用規約をしっかりと確認してから契約書を提出するようにしましょう。問題ないようであれば、署名日を記入して同意欄にチェックを入れます。そして「次へ」を選択します。

STEP4
身分証・現住所確認書類のアップロード

運転免許証などの写真付き身分証明書と健康保険証などの現住所確認書類をアップロードします。

必要書類のアップロード

以下の必要書類の中から1点ずつ用意し、画像をアップロードしてください。

写真付き身分証明書
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
現住所確認書類
  • 公共料金明細書
  • 携帯電話・カード会社等の請求書
  • 住民票
  • 健康保険証

画像が不鮮明(ぼやけ、ぶれなど)な場合は再アップロードが必要になるため、アップロードをする前に「画像が不鮮明でないか」「光が反射して見づらくないか」「全体が写っているか」など確認しましょう。

必要書類のアップロード後、「完了」ボタンをクリックすると口座開設手続き完了です。

なお、提出書類のチェック・審査には1〜2日営業日かかります。書類の認証状況は、ザオプションの「本人確認書類」ページで確認することが可能です。

STEP5
届いたメールから取引画面にログイン

ザオプションの本人確認が完了すると、登録メールアドレス宛にメールが届きます。メール内のURLからアクセスして取引画面にログインします。投資資金を入金すれば取引を始めることが可能です。

ザオプションからメールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている可能性があるため、迷惑メールボックス内を確認してみてください。

ザオプションで口座開設をするまでにかかる時間

ザオプションで口座開設をするまでにかかる時間

ザオプションの口座開設手続きは難しくありません。事前に口座開設の流れを把握し、必要書類を準備していれば、2〜3分で口座開設手続きを終えることが可能です。

個人情報の入力や決済承認契約書への署名が完了しても、身分証明書や現住所確認書類が用意できていないと、手続きが後日になる場合があります。

2〜3分など、できるだけ早い時間で口座開設手続きを完了したい場合は、事前に必要書類を準備しておきましょう。

また、口座開設手続き後、審査にかかる時間は1〜2営業日ほどです。ただし、入力した内容や提出書類に不備があると再提出が必要となるため、口座開設までの時間は長くなります。

ザオプションは即日口座開設はできませんので、取引を始めたい日から逆算して口座開設手続きを行いましょう。

ザオプションで口座開設をする時の注意点

ザオプションで口座開設をする時の注意点

本人確認書類の撮影方法や本番前にデモ口座で使い勝手を確かめるなど、事前にザオプションの注意点を把握しておくことで、口座開設や取引がスムーズになります。

ここでは、ザオプションで口座開設をする時の注意点について見ていきましょう。

①本人確認書類は鮮明に撮影する

運転免許証などの本人確認書類は鮮明に撮影しましょう。不鮮明な画像だと、再提出になってしまい、手間がかかるうえに口座開設まで余計に時間がかかるからです。

本人確認書類を撮影する時は、次のポイントに注意してください。

本人確認書類を撮影する時のポイント
  • 名前や住所、生年月日などの文字がはっきりとわかること
  • 運転免許証番号やパスポート番号が鮮明に写ること
  • 顔写真が鮮明であること
  • 加工をしないこと
  • 運転免許証やマイナンバーカードがすべて収まること

本人確認書類は撮影の仕方に気をつけてください。

②口座開設前にデモ口座を利用してみる

ザオプションでは、無料のフリーデモ口座を利用できます。フリーデモ口座では、本番と同じ取引環境でバーチャル取引を体験できます。フリーデモ口座を利用する魅力は、次のとおりです。

フリーデモ口座を利用するメリット
  • メリット①リスクゼロで本番の取引環境を試せる
  • メリット②バイナリーオプション取引の練習ができる
  • メリット③実際の取引画面や機能を確認できる

フリーデモ口座は、実際のお金を使わずにバーチャルマネーを使って取引しますので、バイナリーオプション取引に負けたとしても資産が減ることはありません

実際のお金が1円も減ることなく、バイナリーの実践練習ができます。本番と同じ取引画面や機能を利用できるため使い勝手を確認することが可能です。他社との比較もしやすくなります。

フリーデモ口座は、ザオプションのサイトにアクセスをして「フリーデモを試す」を選択すると、すぐに始められます。ログインする必要もありません。

ザオプションの口座を開設する前に、フリーデモ口座で使い勝手を確認しましょう。

③口座開設の際にトラブルが起きた時はサポートへ連絡

「現住所確認書類に該当するのか確認したい書類がある」「メールアドレスが登録されないので理由を知りたい」「口座開設フォームに入力ができない」など口座開設の際にトラブルが起きた時は、ザオプションのサポートへ連絡をしましょう。問い合わせフォーム

問い合わせフォーム

公式サイトの「お問い合わせ」を選択すると、問い合わせフォームが表示されます。

名前、メールアドレス、問い合わせ内容を入力して「送信」ボタンをクリックするだけなので簡単です。

フリーダイヤル

フリーダイヤルの連絡先は以下のとおりで、受付時間は16時〜23時です。

ザオプションのフリーダイヤル
  • 0120-982-453(受付時間:16時〜23時)

トラブルが起きた場合や、どうしてもわからないことがある時はメールや電話で問い合わせをしましょう。

ザオプションのボーナス・キャンペーンをご紹介

ザオプションでは、さまざまなお得なボーナス・キャンペーンを実施しています。ザオプションで現在開催中のボーナス・キャンペーンには、次のようなものがあります。

現在開催中のボーナス・キャンペーン
  • 初回入金ボーナス7,000円
  • 10回取引で5,000円【当サイト限定特典】
  • KANGENボーナス
  • bitwalletの入金でキャッシュバック
  • 指定取引額達成で15,000円+5,000円
  • ハッピーアワー【非公開情報】
  • USD/JPY短期取引のペイアウト率UP

どのキャンペーンも決してハードルが高いものではありません。ボーナス・キャンペーンを活用することで、よりお得に取引ができます。これからザオプションを利用する方は、ボーナス・キャンペーンを上手く活用しましょう。

【2022年最新】ザオプションの口座開設方法を解説 まとめ

ここでは、ザオプションの口座開設に必要なものや口座開設方法、注意点などについて解説しました。ザオプションの口座開設は簡単ですので、バイナリーオプションの口座開設が初めての方でも安心です。

事前に口座開設の流れを把握して必要なものを準備しておけば、2〜3分で口座開設手続きを完了することも可能です。審査に問題なければ1〜2営業日で取引を開始できます。

ザオプションに興味がある方は、ここで紹介した内容を参考にして、さっそく口座開設をしてみましょう