【2022年最新】VirtueForexの評判|稼げるのは本当か?安全性についても徹底解説!

virtueforex評判

この記事では2013年に設立された海外FX業者「VirtueForex」について、その評判や特徴をご紹介しています。

VirtueForexの公式ホームページを参考にしつつ、実際に利用するトレーダーの口コミなども含め、その実態について調査しました。

ネット上などでVirtueForexの口座開設を勧められたが「優良な業者かどうか判断に困っている」方は参考までにご覧ください。

VirtueForexの評判・特徴を30秒でまとめると
  • VirtueForex最短90秒で簡単に口座開設ができる!
  • VirtueForexは出金トラブルがなくNDD方式なので透明性・信頼性が高い
  • 毎朝8時にプロトレーダーの解説を聞くことができるので、FXを勉強したい人にもおすすめ!
  • VirtueForex最大レバレッジ777倍なので、少額から利益を狙うことができる
  • VirtueForexの仮想通貨FXレバレッジ1000倍!

現役トレーダー

下記の記事では、virtueforexを含む全59海外FX業者の「ボーナス・スプレッド・レバレッジ・評判」を調査した結果を記載しております。お金のプロであるファイナンシャルプランナーからも、海外FXを始める時のポイントや注意点について解説頂いています。
海外FXを始めるなら読まないと損する!

海外FX業者おすすめランキング20選!海外FXおすすめランキング-全59FX会社の評判や特徴を徹底比較

VirtueForexの基本情報

VirtueForexの基本情報

海外FX業者VirtueForexの基本情報をまとめました。VirtueForexはレバレッジ777倍で
追証がない
ため海外FX初心者にもおすすめです。

しかし大手XMと比べるとレバレッジが低く、ボーナスも少ないため、XMの登録が終わっていてボーナスを他の業者で受け取りたいという人にうってつけの海外FX業者です。
XMの登録がまだの人はこちらから登録できます。

項目 スペック・サービス内容
総合ランク
金融ライセンス なし(法人登録はパナマ共和国)
資産保証 分別管理
取引方式 NDD方式
スプレッド ドル円最小0.9pips
手数料 無料
約定力 非常に高い
ボーナス 入金ボーナス100%
最大レバレッジ 777倍
ロスカット水準 100%
最小取引単位 0.01ロット(1000通貨)
日本語サポート 日本語サポートあり
取引ツール MT4

VirtueForex(ヴァーチュフォレックス)の評判・口コミ

VirtueForex(ヴァーチュフォレックス)の評判・口コミ

信頼性が乏しいと言われているVirtueForexについて「実際に利用している方はどう感じているのか」を知るため、リアルな評判を見ていきたいと思います。

VirtueForexの悪い評判

まずはVirtueForexに関する悪い評判をご覧ください。

ツイッター上ではVirtueForexに対して「詐欺」という言葉が使われています。

VirtueForexの良い評判

次にVirtueForexに対する良い評判を見てみましょう。

ツイッターや他のネット検索でVirtueForexと調べても、あまり良い評判は出てきませんでした。

唯一VirtueForexを擁護するようなツイートはこれくらいでしたが、他の優良な海外FXサイトを「詐欺」と言っているあたりを見るとあまり信憑性が高いとは言えません。

VirtueForexの評判まとめ

VirtueForexの評判をまとめると、次のようになります。

  • VirtueForexに対しては「詐欺」といった強い批判の声が挙がっている
  • サイト自体は詐欺的FXサイトでなくとも、VirtueForexを悪用する人がいる可能性が高い

現在のところ「VirtueForex」と調べてみると「詐欺的な業者」「詐欺グループが使っているFX業者」などといった意見が見受けられました。

現役トレーダー

正直、優良な海外FX業者であればあまり見かけないような悪評しかなかったため、利用は控えた方が懸命かもしれません。

とは言え、具体的にどういった部分が「詐欺的」なのかを理解するため、次にVirtueForexの特徴(メリット・デメリット)を詳しく解説していきます。

VirtueForexのデメリットは7つ

VirtueForexのデメリット

まずはVirtueForexの公式ホームページを調査して分かったデメリットをご覧ください。

VirtueForexのデメリット
  • 金融ライセンスなしで信頼性が低い
  • 口座タイプが一種類しかなく、選択肢がない
  • スプレッド広め
  • ロスカット水準(証拠金維持率)が100%
  • 入金方法の選択肢が少ない
  • 日本語サポートはメールのみ

デメリット①金融ライセンスなしで信頼性が低い

VirtueForexはパナマ共和国に本社を置く海外FX業者なのですが、正式な金融ライセンスを保有していないものと見られています。

海外FX業者は、運営拠点を置く国の金融ライセンスを保有することが一般的です。

しかし、VirtueForexの場合は公式ホームページにて「パナマ共和国金融当局により規制されています」と書いてあるものの、記載されているのは法人としての登録番号のみです。

また、海外FX業者が保有する金融ライセンスで「パナマ共和国」はこれまでにほとんど聞いたことがありません。

現役トレーダー

そのため、仮にパナマ共和国から発行される国際的な金融ライセンスを保有していたとしても、その信頼性は著しく低いということが言えるわけです。
なるほど、どちらにしても信頼性は低そうだね。

投資家Sさん

デメリット②口座タイプが一種類しかなく、選択肢がない

VirtueForexでは基本の口座タイプを一種類しか用意していませんので、トレーダーに選択肢がありません。(別として仮想通貨用の口座はある)

一般的に優良な海外FX業者の場合はスタンダードな口座タイプと低スプレッドな口座タイプなど、最低でも2種類の口座タイプは用意しています。

現役トレーダー

数ある海外FX業者の中からわざわざVirtueForexを選ぶ必要性はないように感じられます。

デメリット③スプレッドが広めで記載方法も怪しい

VirtueForexの公式ホームページを見てみると、ドル円の最小スプレッドは「0.9pips」と記載されています。

これだけを見ると非常にスプレッドが狭く感じられるのですが、実はその他の通貨ペアについてはその正確な平均スプレッドなどが公開されていません。

なお、トップページ上ではいかにも「この数値が各通貨ぺアのスプレッド」であるかのような形で表示しています。

通貨ペア スプレッドと見られる数値
USD/JPY 1.0銭
EUR/JPY 1.5銭
GBP/JPY 2.1銭
EUR/USD 0.7銭

ちなみにこちらは公式ホームページ上で「スプレッドの数値」とは書かれていませんが、一般的にこうした書き方をしていれば、上記数値がスプレッドであるように勘違いしてしまいます。

このような点を見ても、やはりVirtueForexは信頼性が著しく欠けるブローカーと言えそうです。

現役トレーダー

公式ホームページを調べてみると、こうした曖昧な部分が多く見受けられます。また、ほかの利用者からはドル円スプレッドが2~3pipsほど開くという意見もありました。

デメリット④ロスカット水準(証拠金維持率)が100%

こちらはシンプルにVirtueForexを利用する上でのデメリットですが、ほかの優良な海外FX業者はロスカット水準がだいたい20%です。

ロスカット水準を100%にしている理由としては、おそらくそれだけ多くの証拠金を集めたいからだと推測できます。

ロスカット水準は高ければ高いほど取引に利用する必要証拠金の額が上がりますので、100%は非常に使い勝手の悪い業者ということも言えるわけです。

現役トレーダー

ロスカット水準100%は国内業者並みですので、正直あまりお勧めできません
たしかに、他の海外FX業者よりもロスカットされるリスクが上がるってことだもんね。

投資家Aさん

デメリット⑤入金方法の選択肢が少ない

VirtueForexでは以下の入金方法を用意しています。

  • 国内銀行からの振込
  • 海外銀行送金
  • クレジットカード
  • ビットコイン・イーサリアム

一応4つの入金方法があるように見えますが、海外銀行送金は時間が掛かりすぎるビットコイン・イーサリアムに関しては利用できるオンラインウォレットが記載されていない国内銀行からの振込には4,500円の手数料が掛かるといったデメリットしかありません。

現役トレーダー

クレジットカードに関しても最近は海外FX業者に使えないカードが増えているので、正直気軽に入金しにくい環境と言えます。

デメリット⑥日本語サポートはメールのみ

VirtueForexは「24時間365日、日本語サポート対応」を謳っていますが、実際にはメールしか問い合わせ方法がありません。

しかも返信は平日のみです。一応、24時間以内に返信すると書かれていますが、満足なサポート体制が整っているとは言えません。

現役トレーダー

問い合わせ先の電話番号がないのも「会社としてどうなのか?」という疑問が浮かんできてしまいます

VirtueForexのメリットは2つ

VirtueForexのメリット

次に数少ないVirtueForexを利用するメリットをご覧いただきます。

VirtueForexのメリット
  • 約定力が高く透明性も高いNDD方式
  • 公式サイトが見やすい

メリット①約定力が高く透明性も高いNDD方式

VirtueForexでは約定力の高さをウリにしています。また、取引方法は一般的に透明性が高いとされるNDD方式を採用しているようです。

この点に関してはフェアな取引を提供しているように感じられますが、公式ホームページに通貨ペアの取引条件(スプレッドなど)が記載されていないところから考えると、どこまで本当なのか分からないというのが正直な意見です。

メリット②公式サイトが見やすい

VirtueForexは、公式サイトの見やすさは評価できます。日本語の不自然さもありませんので、日本人でも内容が把握しやすいと言えるでしょう。

ただし、ある程度経験を積んだトレーダーからすると「書かれているべき点などがない」ということにも気付いてしまいます。

現役トレーダー

たとえば口座タイプの特徴やその取引条件なども書かれていませんね。

VirtueForexの入金方法

VirtueForexの入金方法

VirtueForexの入金方法について見ていきます。

最低入金額 手数料 反映時間
国内銀行送金 1万円 4,500円 24時間
海外銀行送金 1万円 無料 72時間
クレジットカード 1万円 8% 24時間
ビットコイン・イーサリアム 1万円 無料 24時間

現在のところVirtueForexでは上記4つの入金方法を用意しています。ただし、どれも以下のようなデメリットを抱えていますのでご覧ください。

国内銀行送金 手数料4,500円は非常に高い
海外銀行送金 反映されるまでに「72時間」は、現実的に考えて使えない入金方法と言える
クレジットカード 他社の場合、一般的にはクレジットカードからの入金は手数料無料
ビットコイン・イーサリアム どのオンラインウォレットに対応しているのか?手順はどうなっているのか?ということがHP上に明記されていない

国内銀行・海外銀行からの入金手順

国内・海外銀行を経由しての入金
  1. マイページから「入金」を選択し、国内・海外を選択
  2. 銀行経由の場合は振込先を確認
  3. 銀行窓口やATMから振り込んで完了

なお、利用する銀行によってはVirtueForexへ支払う手数料以外の費用も発生しますので、あらかじめ確認をしておきましょう。

クレジットカードからの入金手順

クレジットカードでの入金
  1. マイページから「入金」を選択し、クレジットカードを選択
  2. クレジットカード情報を入力
  3. 入金額を入力
  4. 情報を送信して完了

クレジットカードでの入金がもっとも簡単ですが、VirtueForexの信頼性から考えるとカード情報を入力するのはリスクがあるかもしれません。

ビットコイン・イーサリアムからの入金手順

ビットコイン・イーサリアムでの入金
  1. マイページから「入金」を選択し、ビットコインかイーサリアムを選択
  2. 入金額を入力
  3. 入金先アドレス・QRコードを確認
  4. 指定されたアドレスもしくはQRコードの宛先へ情報を送信して完了

なお、ビットコインとイーサリアムの選択によって、入金に必要となる単位が異なります。

VirtueForexの出金方法

VirtueForexの出金方法

最低出金額 手数料 反映時間
海外銀行送金 1万円 35ドル(約4,000円) 72時間

VirtueForexで用意されている出金方法は、こちらの海外銀行送金のみです。

なお、最低出金額が1万円となっていますが、VirtueForexに支払う約4,000円の手数料のほかに受け取り銀行ごとの手数料も掛かります。

そのため、合計するとおよそ7,500円~1万円といった手数料が発生することを理解しておいてください。

出金手順

  1. マイページから「出金」を選択する
  2. 出金先の銀行情報を入力する
  3. 出金額を入力する
  4. 情報を送信して完了

出金額を1万円以上に設定しないと出金申請がおこなえませんのでご注意ください。

VirtueForexのスワップポイント

VirtueForexのスワップポイント

VirtueForexのスワップポイントは、他社と比べてもマイナス幅が高いのには注意が必要です。

買い 売り
USD/JPY 18円 -96円
EUR/JPY -76円 -40円
AUD/JPY 7円 -107円
GBP/JPY 25円 -96円
CAD/JPY 0円 -84円
NZD/JPY 7円 -90円
EUR/USD -116円 23円
CHF/JPY -76円 -40円
ZAR/JPY 8円 -34円

一方で、プラスになるスワップも比較的多い印象です。

※上記スワップポイントは日々変動するので、実際のスワップはMT4を見て確認するようにしましょう。

スワップはMT4を見て確認

VirtueForexの最大レバレッジは777倍!制限事項はある?

VirtueForexの最大レバレッジは500倍!制限事項はある?

VirtueForexの最大レバレッジは500倍とされています。これは海外FX業者の中では比較的平均値と言えるでしょう。

なお、レバレッジ制限に関する条件・文言は公式ホームページに記載がありませんでした。

VirtueForexのロスカット水準(証拠金維持率)は100%で日本業者レベル

VirtueForexのロスカット水準100%は、日本のFX業者とほぼ同じレベルです

ほかの海外FX業者の場合は基本的に20%、高くても50%が相場となっています。

そのため、ほかのメリットも少ないVirtueForexをわざわざ選ぶ必要性はないように感じられます。

現役トレーダー

ロスカット水準が高いということは、ポジションを維持するために必要となる証拠金が他社より多いということです。

VirtueForexはゼロカットで追証はなし

一応、VirtueForexはゼロカット対応業者であることを公式ホームページ内に明記しています。

VirtueForexはゼロカットで追証はなし

そのため、追証の発生リスクはありません。

ただし、その信用性がどれくらいあるのかは未知数ですので、大口の取引をする際には注意するようにしましょう。

VirtueForexのMT4の使い方・ログイン方法

VirtueForexのMT4の使い方・ログイン方法

VirtueForexからMT4をダウンロード・インストールして、ログインし、実際に使うまでの流れは次の通りです。

  1. VirtueForexの公式ホームページよりMT4をダウンロード・インストール
  2. インストールしたパソコン・スマホ・タブレットのいずれかでMT4を起動
  3. ログイン画面でVirtueForexの口座番号とパスワードを入力
  4. 問題がなければ取引画面にログインが完了

基本的にMT4の使い方はどの業者も共通ですので、VirtueForexでも同じ手順を踏むことになります。

VirtueForexの取引時間

VirtueForexの取引時間

次にVirtueForexにおける取引時間をご覧ください。

夏時間 月曜日6時05分~土曜日6時00分
冬時間 月曜日7時05分~土曜日7時00分

取引時間に関しては他の海外FX業者とあまり変わらない条件となっています。

年末年始の取引時間

VirtueForexに関して、過去の年末年始における詳細な取引スケジュールは残っていませんでした。(公式ホームページ未記載)

そのため、2020年末の取引スケジュールについては今のところ未定となっています。

月日 取引時間
12/31(火) 通常営業
1/1(水) 閉場
1/2(木) 通常営業

ちなみに他社の多くは上記のようなスケジュールでしたので、おそらくVirtueForexも同じようなスケジュールになるかと推測されます。

VirtueForexの口座開設方法

VirtueForexの口座開設方法

最後にVirtueForexの口座開設方法を流れと共に解説していきます。

  1. VirtueForex公式ホームページへアクセス
  2. 「メールアドレス」「希望パスワード」「氏名(ローマ字)」「電話番号」「口座タイプ」「口座の基本通貨」「レバレッジ」を選択・入力
  3. 入力内容の確認をして情報を送信
  4. 登録したアドレス宛に口座開設完了のメールが届けばOK

VirtueForexは、口座開設をする時点では身分証の提出が必要ありません。そのため、数分程度で手続きを終わらすことが出来ます。

現役トレーダー

ただし身分証を提出しておかないと出金申請が出来ないため、口座開設をするならすぐに「本人確認証」と「住所証明書」を出しておきましょう