Bybit(バイビット)に追証はある?ロスカット・ゼロカットについて初心者向けに解説!

バイビットに追証はあるの?
追証って何?ロスカットとゼロカットの違いは?

レバレッジ取引とは、自分の資金以上の取引を行うことのできる仕組みです。

そのため、大きく稼ぐことが可能ですが、その反面リスクもあります。

そのリスクの1つが「追証」と呼ばれるものです。

そこで今回は海外取引所の中でも日本人トレーダーから特に人気の高いバイビットの追証について徹底的に解説していきます。

本記事ではロスカットやゼロカットまで追証に関して網羅的に解説しているのでぜひ最後までご覧ください。

バイビットの追証|概要
  • 追証とは借金のようなもので、追加で資金を入れる必要がある
  • バイビットはゼロカットシステムがあるため、追証がない
  • 国内取引所は追証があるので取引時は注意が必要
  • バイビットは最大レバレッジ100倍までかけられる
  • バイビットは「保険基金」もしくは「自動デレバレッジ」によってゼロカットを成立させている
Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Bybit(バイビット)の追証に関する基本情報

バイビットの追証に関する基本情報

ここでは追証に関する以下の基本情報を簡単に解説します。

基本情報
  • 証拠金
  • ロスカット
  • 追証
  • ゼロカットシステム

証拠金

レバレッジ取引とは、取引所から資金を借りて、保有している資産以上の取引が行える取引方法です。

資金を借りるために、あらかじめ一定の資金を預けてその資金を担保にして取引を行います。

その担保にした資金のことを「証拠金」と言います。

バイビットでは、証拠金の最大100倍まで取引をおこなうことができます。

ロスカット

ロスカットとは、トレーダーの損失をえるために強制的に決済を行われる仕組みのことです。

各取引所が設定する証拠金維持率を下回ると、まず「マージンコール」が発生します。

マージンコールとは、「このまま含み損が増えたらロスカットされますよ!ロスカットを避けるために証拠金を追加してください!」という取引所からのアラートです。

このマージンコール時点で証拠金を追加せず、さらに含み損が拡大することでロスカットが発生することになります。

今後、価格が上がることを期待していても、ロスカットが発生すると損失が確定してしまうため、証拠金を追加するか、早めに損切りすることをおすすめします。

追証

追証とは、ロスカットされたポジションで発生してしまった証拠金以上の損失を、追加の証拠金によって補填するように求められることです。

通常、ロスカットはトレーダーの損失を証拠金内で抑えるために発生するので、トレーダーの資金がマイナスになることはありません。

しかし、ロスカットは決して万能とは言えず、急激な値動きによってロスカットが発生した場合では証拠金を超える損失が発生することもあります。

この証拠金以上の損失はトレーダー自身が補填しなければいけません。

つまり、追証は取引所に対しての借金と言えるでしょう。

ゼロカットシステム

ロスカットが万能では無いことがおわかりいただけたと思います。

このロスカットの弱点を補ってくれるのが「ゼロカットシステム」です。

通常、ロスカットによって発生してしまった証拠金以上の損失は追証によってトレーダー自身が補填しなければいけません。

しかし、ゼロカットを採用している取引所であればその損失は取引所が補填してくれます。

証拠金以上の損失がでないため、トレーダーは証拠金がマイナスになる心配をすることなく取引することが可能です。

Bybit(バイビット)は追証が発生しない

バイビットに追証はない

レバレッジ取引は、資金の何倍もの取引が行えるため非常に効率よく資金を増やすことができます。

ただ、いくら効率よく資金を増やせると言っても追証による借金のリスクはレバレッジ取引への参入障壁を高めていると言えるでしょう。

しかし、バイビットではゼロカットシステムを採用しており、追証は発生しません。

バイビットはゼロカットシステムを採用

バイビットはゼロカットシステムを採用しています。

証拠金以上の損失が出ても、ゼロに戻してくれるため、追証の心配がありません。

借金を抱えるリスクを懸念している方でもバイビットなら安心してトレードができます。

国内取引所は追証がある

国内の仮想通貨取引所では追証があります。

これは取引所がトレーダーの損失を補填することは違法にあたるからです。

そのため、国内取引所ではゼロカットシステムを導入できないのです。

追証が発生する取引所は主に国内取引所が多いです。

しかし、国内取引所は最大2倍までしかレバレッジをかけて取引できません。

国内取引所であっても、追証が発生することは滅多にないでしょう。

Bybit(バイビット)の証拠金の仕組み

バイビットの証拠金の仕組み

ここではバイビットの証拠金について解説します。

バイビットの証拠金
  • 必要証拠金
  • 証拠金維持率

必要証拠金

必要証拠金とは取引を行う際に必要となる証拠金のことです。

レバレッジ取引を行う前に必要証拠金以上の額を預け入れる必要があります。

必要証拠金は以下の式で求めることができます。

USDT無期限

USDT無期限
必要証拠金=契約サイズ×参入金額÷レバレッジ

インバース型

インバース型
必要証拠金=通貨枚数÷通貨金額×レバレッジ

維持証拠金

維持証拠金とはポジションを保有するために必要となる証拠金のことです。

ポジションを保有している間は維持証拠金を下回らないように注意する必要があります。

維持証拠金を求める計算式は下記です。

USDT無期限

注文価額=契約サイズ×参入価格

維持証拠金=注文価額×証拠金維持率

また、インバース型無期限契約については下記の通りです。

銘柄 証拠金維持率
BTC 0.5%
ETH,EOS,XRP 1%

Bybit(バイビット)におけるロスカットの仕組み

バイビットのロスカットの仕組み

バイビットはUSDT無期限とインバース型でロスカットされるまでの基準が異なります。

それぞれ順番に解説します。

USDT無期限

バイビットのUSDT無期限の取引は「破産価格」をもとにロスカットが発生します。

以下は破産価格を求める式となりますが、「ロング」「ショート」で使用する式は異なります。

ですので、破産価格を求める場合は自身が保有しているポジションに合わせて下記の式を使用してください。

ロング(買い)ポジションの場合

ロング(買い)のポジション
破産価格=参入価格×(1−必要証拠金)

ショート(売り)ポジションの場合

ショート(売り)のポジション
破産価格=参入価格×(1+必要証拠金)

インバース型

インバース型のロスカットの計算式は取引方法ごとに4種類あります。

インバース型では「ロング」「ショート」で異なる式を使用することに加え、「クロスマージン」と「分離マージン」も別の計算式を使用します。

下記が計算式になりますが、使用する計算式を間違えないように注意しましょう。

クロスマージン

ロング(買い)のポジション
(平均参入価格÷契約数)+(資金残高-注文証拠金)÷1.00075×契約数
ショート(売り)のポジション
(平均参入価格÷契約数)+(資金残高-注文証拠金)÷0.99925×契約数

分離マージン

ロング(買い)のポジション
平均参入価格×(レバレッジ+1)÷レバレッジ
ショート(売り)のポジション
平均参入価格×(レバレッジ-1)÷レバレッジ

ロスカットを避けるための2つの方法

レバレッジをかけすぎない

ロスカットをされないための1つ目の方法はレバレッジをかけすぎないことです。

バイビットでは最大100倍のレバレッジをかけることができます。

しかし、上限の100倍までレバレッジをかけていると、証拠金の維持が難しくロスカットが発生しやすくなります。

高すぎるレバレッジは資金効率を高める一方でロスカットの可能性も高めることになります。

レバレッジのかけすぎには十分注意して取引を行いましょう。

証拠金を補充する

証拠金を補充することでロスカットを避けることも可能です。

バイビットでは自動で証拠金を補充する機能があり、設定しておけばロスカットされそうなタイミングで自動で証拠金を補充してくれます。

しかし、損切りをする方がいい場面もあるので、必要に応じて自動で補充する設定を切り替えてください。

自動証拠金補充の設定は下記のとおりです。

STEP.1
ポジションを選択

まず、画面下部の「ポジション」を選択します。

ポジションを選択したら右側にある「自動的に証拠金追加」をオンにします。

STEP.2
自動証拠金補充の設定完了

自動証拠金補充をオンにするとボタン部分がオレンジ色に変わります。

これで自動証拠金補充の設定は完了です。

ポジション保有中に上記の手順を済ますだけで設定完了です。

ですが、自動の場合は証拠金額を調整することはできず、金額は証拠金額と同額となります。

また、バイビットでは手動で証拠金を補充することも可能です。

STEP.1
鉛筆マークをクリック

保有しているポジションの赤枠の鉛筆マークをクリックします。

手動で証拠金を追加する手順

STEP.2
証拠金を入力する

表示された以下の画面で補充したい証拠金を入力します。

手動で証拠金を追加する手順

手動の場合は自身で金額を調整することができます。

ですので、随時、手動で補充したほうがリスクは低いと言えるでしょう。

Bybit(バイビット)におけるゼロカットの仕組み

バイビットのゼロカットの仕組み

バイビットのゼロカットは積立金である「保険基金」もしくは「自動デレバレッジ」によってゼロカットシステムが成立しています。

この2つのシステムによってトレーダーは証拠金以上の損失を被らずに済むということですね。

保険基金

保険基金は、トレーダーが証拠金以上の損失を被ってしまった場合に適用される積立金です。

ロスカットによる強制決済は万能ではなく、ズレが生じてしまうことを上述しました。

そしてロスカットは必ずしもマイナス方向だけにズレるとは限らず、多少の証拠金を残して執行される場合もあります。

この時の証拠金残高が保険基金として積立されていくというシステムです。

ですので、トレーダーが意図して保険基金を貯める必要はありません。

現時点での保険基金残高はバイビット公式サイトで確認可能です。

自動デレバレッジ

では、保険基金が足りない場合はどうするのか?

保険基金が足りない場合はこの「自動デレバレッジ」によって損失を補填します。

自動デレバレッジとは、保険基金が足りないトレーダーと反対のポジションを保有しているトレーダーのレバレッジを解消してその利益で損失を補填します。

デレバレッジ対象となるのはバイビットのユーザーランキングで上位に位置するトレーダーとなります。

Bybit(バイビット)の追証まとめ

バイビットの追証まとめ

バイビットの追証|概要
  • 追証とは借金のようなもので、追加で資金を入れる必要がある
  • バイビットはゼロカットシステムがあるため、追証がない
  • 国内取引所は追証があるので取引時は注意が必要
  • バイビットは最大レバレッジ100倍までかけられる
  • バイビットは「保険基金」もしくは「自動デレバレッジ」によってゼロカットを成立させている

本記事ではバイビットの追証について解説しました。

バイビットはゼロカットシステムを採用しており、追証はありません。

証拠金以上の損失はないため、安心して取引できます。

レバレッジも最大100倍までの取引を可能にし、その使い勝手の良さから多くのトレーダーを虜にしています。

まだバイビットの口座開設がお済みでない方はぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/